MENU
TEL



水泳肩

《水泳肩になってしまったら世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。》

水泳をやっていて肩の痛みがでることを水泳肩といいます。原因の多くは使いすぎ(オーバーユース症候群)といわれており、日ごろのケアがとても重要となります。万が一水泳肩になってしまったという場合は、すぐに世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。根本からしっかりと改善していきましょう。

水泳肩の原因は、使いすぎ(オーバーユース症候群)の他にも、フォーム不良や身体のゆがみなどの原因があります。正しいフォームで泳がなければ、一定の部位に負担をかけてしまう事もありますので、注意が必要です。世田谷区深沢のABS整骨院では、フォームの改善や身体のゆがみ矯正も行っておりますので、ご安心ください。

世田谷区深沢のABS整骨院の水泳肩治療は、まず痛みが出ている、原因の部分の疲労を取り除いていき、全身のバランスをみてゆがみを整えていきます。特に肩は肩甲骨が重要ですので、しっかりと整えていきます。一つ一つの問題を根本から解決していき、再発もさせないような身体作りも行っております。是非一度世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。