MENU
TEL

ABS整骨院 院長:五十嵐英隆 ご挨拶

院長
院長



アスリート治療の流れ

陸上競技の怪我

陸上競技の練習でこのような悩みを抱えておりませんか?

  • 走り出した際にふともものつけね、ふとももの外側が痛い(腸脛靭帯炎)
  • アップをするときや練習をしたあとに、足の裏が痛む(足底腱膜炎)
  • 走る動作をしたときにとにかく足のすねが痛い(シンスプリント)
  • 走るときにアキレス腱が痛む(アキレス腱炎)
  • 長時間走ると膝が痛い
  • 練習終了後に腰がだるい

当院の陸上競技選手専門治療では、より早く症状改善を図ることができます。

まず、陸上競技選手の怪我に共通するのは、過度な練習により筋肉を痛めてしまい、その後関節に痛みや障害を感じるようになっている選手が多くおります。
実際、練習後や練習前にはストレッチを行っていると思いますが、ストレッチだけでは、完全に身体のケアを行うことはできません。

当院では、来院当日に痛みを改善させることを目的にしておりますのでできるだけ痛めた筋肉の回復を早める治療を優先して行っております。
電気療法などは、身体に微弱電流を流すことで痛みの回復を早めていきます。

当院オリジナルの矯正治療では、全身の骨格のバランスを整えることで人間が本来もっている自然治癒能力を高めることができます。

より早く治したい方、またより高いパフォーマンスを実現することを目的としている陸上競技の選手は是非当院に来院くださいませ。

【重要】根本治療を望まれる患者様

当院では、根本治療を望まれている方々にご相談後、特別治療を導入しております。 通常の治療(保険診療)に比べ、施術時間・症状説明の時間をより確保して行わせて頂いておりますので 短期間で症状改善を望まれる患者様は特別治療を推奨致します。また、お子様連れのお母様方に対して症状説明を一緒に詳しくお聞きしたいという要望が多くございますが、特別治療(カイロプラクティック)をご利用頂いている患者様に対してはしっかり治療時間を確保しておりますので詳細をお伺いしたい場合につきましては特別治療(カイロプラクティック)を推奨致します。