MENU
TEL



ゴルフ肘

《ゴルフ肘の治療なら世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。》

ゴルフ肘は、別名「上腕骨内側上顆炎」と言います。上腕骨内側上顆とは肘の内側の出っ張ったところで、手首を回したり、曲げたりする時に使う筋肉がついています。そのため、ゴルフのスイングでこの上腕骨内側上顆周囲に、使い過ぎによる炎症を起こすことを一般的にゴルフ肘と呼んでいます。ゴルフ肘になってしまったら、世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。

ゴルフ肘は、肘の内側だけでなく外側にも痛みが 生じることがあり、クラブをスイングする時に痛みが走りますが 、ひどくなると肘を動かしただけで痛むこともあります。
特に、スイングが確立していない子供やクセが付いてしまった大人の方に多く、肘に対して大きな負担がかかってしまいます。ゴルフ肘を予防するには肘に負担のかからないフォームが大事です。悪いフォームのまま練習を継続すると、肘のみならず、肩や腰まで悪くなります。世田谷区深沢のABS整骨院では、治療を始め、正しいフォームへの改善や正しい身体の使い方を覚えさせます。

世田谷区深沢のABS整骨院の治療は、手技療法・物理療法・運動療法を組み合わせた、オーダーメイド治療となっております。ゴルフ肘の治療なら世田谷区深沢のABS整骨院にお任せください。