MENU
TEL



ジャンパー膝

《ジャンパー膝を負ってしまったら、世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。》

ジャンパー膝とは、別名「膝蓋腱炎」といい、バレーボールやバスケットボールなどジャンプをすることの多いスポーツの選手にしばしば見られるために、ジャンパー膝とも呼ばれますがサッカーなどキックを多用する種目をする人にも見られます。運動の途中や終わった後に膝蓋骨(膝のお皿)の下あるいは上に痛みが現れますので、ジャンパー膝になってしまったら、世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。

ジャンパー膝は、ジャンプやキックによって大腿四頭筋(ふとももの筋肉)が収縮する力が牽引力となり、繰り返し膝蓋腱に作用して腱の炎症を起こす事が原因で発症するものです。そのため筋力の強い選手、さらに大腿四頭筋のかたい選手に多く発症する傾向があります。お早めに治療しなければ症状はどんどん悪化していくだけですので、世田谷区深沢のABS整骨院でしっかりと治療していきましょう。

世田谷区深沢のABS整骨院の治療を受けていても、まだ完全に治っていないのに活動を再開してしまったら、すぐに再発してしまいます。焦る気持ちはわかりますが、まずはしっかりと完治させることが重要です。