MENU
TEL

腱鞘炎

《腱鞘炎の治療なら世田谷区深沢のABS整骨院でしっかりと治療していきましょう。》

腱鞘炎とは、何らかの原因で腱や腱鞘が炎症を起こし、腱が腱鞘内をスムーズに通れなくなった状態を言います。我慢してそのままにしておいても、ただ悪化してしまうだけですので、お早目に世田谷区深沢のABS整骨院の根本治療を受けましょう。

腱鞘炎は、毎日のデスクワークや食事で箸を使うとき、赤ちゃんを抱っこするとき、家事をするときなどに、辛い痛みが現れます。指や手首は日常生活の中で、欠かせない部位ですので、腱鞘炎になってしまったらとても大変です。腱鞘炎の原因は筋肉の使いすぎによるものがほとんどなので、しっかりと休ませる事が必要となります。万が一腱鞘炎になってしまいましたら、仕事中にこまめに休憩を取る、腱鞘炎が起きていない側を使うなどの工夫をして、症状を最小限に抑えましょう。その後の根本治療は世田谷区深沢のABS整骨院が責任を持って行います。

世田谷区深沢のABS整骨院の腱鞘炎治療は、筋肉の緊張を独自の手技療法を使い、周辺部から緩めていきます。また、骨盤の歪み、姿勢の歪みから腕の筋肉が緊張している場合もありますので、患者様の身体を確認させて頂き、全体的なバランスを整えることで、ゆがみから引き起こされている腕の筋肉の緊張を解消していきます。