MENU
TEL



シーバー病

《シーバー病になってしまっても必ず世田谷区深沢のABS整骨院が改善させてみせます。》

シーバー病とは踵の骨が充分に発育していない、小学生から中学生に発症しやすい疾患です。スポーツの時などのランニングやジャンプをした時の着地の際に、踵の骨に衝撃がかかってしまい、発生してしまいます。世田谷区深沢のABS整骨院にて、しっかりと治療していきましょう。

シーバー病は、クセのある走り方やフォーム不良、身体がゆがんでいる方に多く発生致します。このような方は、走っているときに、踵に必要以上に衝撃を与えてしまいますので、注意が必要です。病院で診てもらったけれども、成長痛だからと言われ、シップや電気をしてもらうだけというケースが多くあります。それでは根本的な解決とはなりませんので、世田谷区深沢のABS整骨院の専門治療で根本から改善していきましょう。

シーバー病は筋肉の柔軟性が少ないことで起こる障害です。その為、世田谷区深沢のABS整骨院の治療は、手技療法や物理療法を使い、筋肉をしっかりとほぐしてき、必要であればテーピングを巻き、痛みを軽減させていきます。是非一度お越しください。

保険取扱いの注意事項

捻挫・打撲・挫傷(筋肉や筋を傷めた状態)・骨折・脱臼・関節の痛み・肉離れ・関節の痛み、寝違い、ぎっくり腰などの症状の方は、保険治療を受けることが出来ます。
早期回復を目指す方やしっかり治したい方には、部分矯正を併用又は、自由診療のカイロプラクティックをお勧めしています。
成長痛、半月板損傷、肩こり、慢性的な腰痛のような症状は、健康保険の適用外となっております。