MENU
TEL

ABS整骨院 院長:五十嵐英隆 ご挨拶

院長
院長



アスリート治療の流れ

シンスプリント

《世田谷区深沢のABS整骨院で辛いシンスプリントをキレイに改善させていきましょう。》

シンスプリントとは、脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、運動時および運動後に下腿(ふくらはぎ)中下1/3部の脛骨内側後縁(ふくらはぎの内側)に痛みを訴えるスポーツ障害です。バスケットやサッカー、陸上などの走ることが多いスポーツに発生します。少しでも何か異変を感じたら、我慢するのではなく、世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。

シンスプリントは、慢性的な疼痛が主な症状として現れます。世田谷区深沢のABS整骨院の治療は、手技療法、物理療法、運動療法を使い痛みの根本から治療していきます。シンスプリントにお悩みの方は一度宇都宮市・宇都宮駅・鶴田駅の柴﨑接骨院までご来院下さい。

治療をしっかりとすれば治りますが、それ以前に日々のケアをしっかりと行い、予防に努めることが重要であると言えます。練習後のアイシングやマッサージ、ストレッチなど日頃からケアをしていれば、シンスプリントを始めとするスポーツ障害にもなりづらくなります。ケアの仕方が分からないという方は一度世田谷区深沢のABS整骨院までお越しください。丁寧にご説明いたします。