MENU
TEL



足底腱膜炎

《世田谷区深沢のABS整骨院の治療で、足底腱膜炎を改善していきましょう。》

足底腱膜炎という障害は、ランニングやジャンプなどの動作を繰り返すことの多い方に起こりやすいスポーツ障害です。特にマラソンランナーの方は地面がコンクリートなので、足に与える衝撃も屋内で走るよりも大きいです。そんなときは、シューズやインソールを変える、テーピングを巻くなどの工夫をすることが大切です。足底腱膜炎の治療なら世田谷区深沢のABS整骨院にお任せください。

足の裏には強靭な腱膜が踵から足指の根元にかけて走っており、この強靭な腱膜が足の裏のアーチを形成し、歩いたり走ったりする時に、ふくらはぎの筋力をつま先に伝導する働きを担っています。足底のアーチが異常に低いタイプ(扁平足)は足底腱膜に大きな負担がかかり、その結果、足底腱膜炎が発生します、世田谷区深沢のABS整骨院では、治療からリハビリだけではなく、再発しないようにトレーニング指導も行っております。特に学生の方は、しっかりとした指導者がいない場合、加減を知らずに練習を行ってしまいますので、すぐに再発してしまいます。そうならないようにも、当院でトレーニングをしていきましょう。

世田谷区深沢のABS整骨院の治療は、しっかりと根本から改善することが可能ですので、お早目にご来院下さいませ。