MENU
TEL



レスリング

レスリング選手に多い首や肩の怪我は世田谷区深沢のABS整骨院で根本治療

レスリングは打撃の攻撃はありませんが、寝技で相手から押さえつけられたときに首や肩を使って逃れようとするときに傷めてしまう怪我がとても多いのです。首でブリッジのような格好をするために、首には相当な負担がかかります。そのため、首に対してのトレーニングを積む必要がありますが、無理な姿勢が続いたりすると頸椎を傷めてしまってむち打ち症になってしまうこともあります。
また、相手から投げられたときに肩や腕から落ちてしまって関節や靭帯を傷めてしまうという怪我も多くなります。

レスリングは、打撃による怪我とは違って、見た目には分からないような怪我も多いため、大したことないかな、と思ってしまう場合もあります。しかし、痛みを感じたときには早めに世田谷区深沢ABS整骨院にて治療を受けるようにしましょう。
病院でレントゲンなどを撮って細かく検査をしても、特に異常が無いと言われてしまうこともあるのですが、痛みが続くようでしたら世田谷区深沢ABS整骨院にご来院ください。
見た目にもレントゲンでも分からないようなレスリングでの痛みの原因は骨格のズレや筋肉、靭帯に潜んでいることもあります。世田谷区深沢ABS整骨院にてしっかりと原因を見つけ出した上で根本治療していくことが大切です。

【重要】根本治療を望まれる患者様

当院では、根本治療を望まれている方々にご相談後、特別治療を導入しております。 通常の治療(保険診療)に比べ、施術時間・症状説明の時間をより確保して行わせて頂いておりますので 短期間で症状改善を望まれる患者様は特別治療を推奨致します。また、お子様連れのお母様方に対して症状説明を一緒に詳しくお聞きしたいという要望が多くございますが、特別治療(カイロプラクティック)をご利用頂いている患者様に対してはしっかり治療時間を確保しておりますので詳細をお伺いしたい場合につきましては特別治療(カイロプラクティック)を推奨致します。