MENU
問合せする 予約サイト
予約 初めての方へ 料金

たこと魚の目の対処法

たこと魚の目の対処法については世田谷区深沢・駒沢・桜新町・弦巻・目黒のABS整骨院まで

たこと魚の目って何?

人間の皮膚は、表皮や真皮、皮下脂肪という3つの層からできていて、皮膚もっとも表面には角質層ができています。
角質層は人体から水分が損なわれないようにする他、刺激や外部の菌から体を守ってくれる作用があります。その厚さは体の部位によって様々です。足の裏は全身の体重を支えて歩くことで大きな刺激が加わります。

角質層も特に分厚くなります。
この角質層が部分的に刺激を受けてしまうと、さらに防衛しようとして魚の目やタコになって皮が厚くなってしまうのです。

自己治療よりも世田谷区深沢・駒沢・桜新町・弦巻・目黒のABS整骨院

たこと魚の目の対処法って何かご存知でしょうか?

たこと魚の目の対処法とは、足の裏や指にできてしまう魚の目やタコです。皮膚の一部がかたくなってしまい、歩くたびに強い痛みを伴ってしまうことがあります。
痛みがないからそのままでも平気…と思っていても、自然治癒がなかなか難しいのが、魚の目・タコの厄介なところでもあります。

かといって自分で何とかしようとしても厄介です。
かえって症状を悪化させてしまうこともあるでしょう。
素足を出す機会が多い人であれば、尚更自分の足の裏をチェックしてみるといいでしょう。